• ホーム
  • 治療の流れ
  • 刺青・タトゥーについて
  • 料金案内
  • ドクター紹介
  • クリニック案内
  • よくある質問
電話する メール相談・カウンセリング予約
  1. 刺青・タトゥー除去トップ
  2. アブレーション(皮膚削皮法)

タトゥー・刺青除去の治療法

レーザー治療

手術

タトゥー・刺青について

クリニック案内

アクセスマップ
美容外科形成外科川崎中央クリニック
〒210-0007神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

【予約受付 】9:30 - 20:00
【診療時間 】10:00 - 18:00
土日祝日も開院
携帯からも可能!

メール相談・カウンセリング予約

海斗ママの刺青治療日記

刺青治療日記ペアリングレーザー編

結婚・転職間近の刺青治療日記

刺青除去の豆知識

刺青除去の豆知識

未成年の方へ

保護者同意書

アブレーション(皮膚削皮法)

広範囲のタトゥー・刺青・入れ墨が除去可能!

大きいタトゥーの場合にアブレーションという方法で治療を行います。
タトゥー・刺青・入れ墨を含んだ皮膚の表面を削ります。
傷跡は火傷跡やアザのように残ります。
大きな刺青を1回の手術で治療を終わらせたい方、皮膚移植をご希望されない場合やご予算の面で切除皮膚移植法が困難な場合に選択される方法です。
断面図

アブレーション(皮膚削皮法)の術後の経過

アブレーション(皮膚削皮法)は傷跡が残ってしまい、タトゥー・刺青・入れ墨の模様の通りにトレースすることは難しく、模様よりも広範囲の傷跡となってしまうケースが多い。

アブレーション 1ヶ月後タトゥー・刺青・入れ墨は完全に消えていますが、傷口が赤く皮膚が出来上がる前の状態です。

アブレーション 1年半後赤みや盛り上がりは治まってきます。

アブレーション 2年半後タトゥー・刺青・入れ墨は消えているが、火傷のような痕が残る。
皮膚は薄くなったままです。
アブレーション(皮膚削皮法)
メリット
部位、大きさによっては1回の手術で治療を終わらせられる
治療時間が短い
刺青・タトゥーの色に左右されない
デメリット
傷の回復に時間がかかる
ヤケドやアザのような傷跡が残る

アブレーションに関するよくある質問

タトゥー・刺青・入れ墨の「アブレーション」による治療に関するよくあるご質問をご紹介します。

皮膚を削った後、ガーゼはどのくらい当てることになりますか?
新しい皮膚が出来上がるまでは軟膏とガーゼを貼っていただきます。
目安は早い方で1か月、遅い方で3か月くらいになります。
アブレーションの跡はどのくらいで消えますか?
アブレーション後の跡は消えることはありません。削った後は半年くらい赤みがあります。その後1年くらいの間茶色くなった後、肌色に近い状態にまではなりますが皮膚が薄くなり元の状態に戻ることはありません。
仕事はどのくらいできないものですか?
アブレーションは安静が必要です。新しい皮膚が出来かけて剥がれ…と繰り返してしまうので治療後1か月は重たいものを持ったり、運動したりすることは控えて頂きます。

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

アクセスマップ
GoogleMapで地図を見る

海斗ママの刺青治療日記

海斗ママの刺青治療日記

結婚・転職間近の刺青治療日記

メール相談・カウンセリング予約

0120-190-929

メール相談・カウンセリング予約

PAGE TOP