• ホーム
  • 治療の流れ
  • 刺青・タトゥーについて
  • 料金案内
  • ドクター紹介
  • クリニック案内
  • よくある質問
電話する メール相談・カウンセリング予約
  1. 刺青・タトゥー除去トップ
  2. スペクトラピコレーザー

タトゥー・刺青除去の治療法

レーザー治療

手術

タトゥー・刺青について

クリニック案内

アクセスマップ
美容外科形成外科川崎中央クリニック
〒210-0007神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

【予約受付 】9:30 - 20:00
【診療時間 】10:00 - 18:00
土日祝日も開院
携帯からも可能!

メール相談・カウンセリング予約

海斗ママの刺青治療日記

刺青治療日記ペアリングレーザー編

結婚・転職間近の刺青治療日記

刺青除去の豆知識

刺青除去の豆知識

未成年の方へ

保護者同意書

スペクトラピコレーザー

患者様のご要望に応えるべく、
院長が自ら選び抜いたレーザー機器

従来のQスイッチヤグレーザーによるタトゥー・刺青・入れ墨除去では、黒や濃紺の1色で描かれたタトゥー・刺青・入れ墨にしか対応していませんでした。
カラフルなタトゥーを除去するには、切除法やアブレーション等の手術による治療しかなく、ダウンタイムも長くなり、仕事などの都合で治療を断念する方も多くいらっしゃいました。
そこで最近注目を集めているレーザーがピコレーザーです。
ピコレーザーのピコとは、Qスイッチレーザーのナノと同じくレーザー光の時間の長さを表す単位です。ピコ秒とは一瞬で、まばたきの速さは平均で100ミリ秒だと言われていますので、1ピコ秒はまばたきの1000億分の1秒になります。
タトゥー・刺青・入れ墨除去で使用するピコレーザーは主に4種類あります。
ピコシュアー (サイノシュアー社)、ピコWAY (シネロンキャンデラ社)、エンライトン (キュテラ社)、スペクトラピコ(ルートロニック社)。川崎中央クリニックでは、患者様のさまざまなご要望に応えるべく、ルートロニック社のピコレーザー「スペクトラピコ」を日本で初めて導入しました。
スペクトラピコは、従来のQ-スイッチナノ秒レーザー(Q-スイッチYAGレーザーやQ-スイッチルビーレーザーなど)よりも効果が高く、痛み、副作用、治療回数が軽減された全く新しいピコ秒レーザーです。ピコレーザーのうち、4つの波長を搭載しているのは、スペクトラピコレーザーだけです。

海斗ママの刺青治療日記

結婚・転職間近の刺青治療日記

海斗ママの刺青治療日記

スペクトラピコレーザーは全カラータトゥーに対応!

スペクトラピコレーザーは、ピコ秒=750ps(ピコセカンド)とナノ秒=2ns(ナノセカンド)パルス幅に加え、1064nm、660nm、595nm、532nmの4つの波長を使用することが可能です。これにより今までのレーザーでは破壊できなかった深部の色素や黒・茶色だけでなく、ほぼ全てのカラーの色素を除去することが可能となりました。

色と波長の関係

光の色は、波長の長さで決まっています。
人が認知できる可視光線は波長が380〜780nmと言われており、色的には紫〜赤の間です。
レーザー照射による刺青(タトゥー)除去では、色素が入っている皮膚深度にまで必要なエネルギーを到達させる必要があります。単色(黒・濃紺)の場合は、1064nmの波長による照射のみで対応することが可能です。カラーの場合は、タトゥーカラーに対する補色のレーザー光を照射することで色素を除去します。(※ここでは、深度の問題は考慮外とします)

補色とは、代表的な色相を系統的に環状に並べた色相環(※図参照)の対側の色のことです。(緑色の補色は赤色)

緑色タトゥーに対しては 660 nm (赤色のレーザー)
青色タトゥーに対しては 595 nm (黄色のレーザー)
赤色タトゥーに対しては 532 nm (緑色のレーザー)
黒色タトゥーに対しては 1064 nm(赤外光のレーザー)

レーザーの波長と深度

レーザー治療では、タトゥー・刺青の色素に反応するレーザーを照射し粒子を破壊することで、消していきます。しかし、レーザーには波長があり反応しない色素もあります。今までのレーザーが694nm〜1064nmの波長なのに対しスペクロラピコは1064nm、532nm、595nm、660nmの4つの波長を使用することが可能です。そのため多色の刺青(タトゥー)に効果を発揮できます。

2種類のパルス幅でより細かい粒子を破壊。
周辺組織へのダメージが少なく、痛みが少ない、

従来のレーザーはパルス幅※ 10ns(ナノ秒)が限界でした。ナノ秒レーザーでは、500nm-700nmの大きさのメラノソームや2μm(マイクロメートル)の刺青インクまで破壊が可能です。しかし破壊されたタトゥーのインクなどは更に小さな粒子となり残ってしまいます。今までのレーザー治療ではその残った粒子を破壊することは不可能でしたが、スペクトラピコレーザーでは、2μmの10分の1である200nm(ナノメートル)の刺青インク粒子や200-400nmのメラニン顆粒も破壊することが可能です。そのため、今までよりもきれいに「刺青(タトゥー)」や「アザやシミ」を消すことが可能になったのです。 (※パルス幅とはレーザー光の出る時間の長さ)
レーザーを1ショット照射する際にどれだけのエネルギー(J)を出せるか(J/Pulse)がタトゥーレーザーとしての生命線。

スペクトラピコレーザーなら、早くキレイにタトゥー・刺青・入れ墨を除去することが可能!

スペクトラピコレーザーは大きなタトゥーインクの粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊することで、タトゥー・刺青・入れ墨をきれいに除去していきます。

従来のレーザー

大きかった粒子は砕けるが、これ以上は小さく壊すことはできない。

スペクトラピコレーザー

川崎中央クリニックのスペクトラピコレーザーなら、従来のレーザーで砕けない大きさの粒子を砕くことができます。

少ない治療回数で高い効果を発揮!

スペクロラピコレーザーは照射した周辺組織へのダメージも少なく、1回の治療間隔が短縮、また少ない回数での治療で、高い効果を発揮します。

従来のレーザー

スペクトラピコレーザー

スペクトラピコレーザーに関するよくある質問

タトゥー・刺青・入れ墨の「スペクトラピコレーザー」による治療に関するよくあるご質問をご紹介します。

ピコレーザーだと従来のレーザーに比べると痛みが強くなりますか?
ピコレーザーはタトゥー・刺青・入れ墨の破壊力は増していますが周辺組織へのダメージが少ないので従来のナノ秒レーザーより痛みが少ない治療です。
ピコレーザーを1回照射しただけでも薄くなりますか?
ピコレーザーでも1回の照射で除去は難しいと思いますが、1回照射するごとに薄くなった実感はあります。
いろんな層にタトゥー・刺青・入れ墨が入っている場合は浅いタトゥー・刺青・入れ墨に対しては1回の照射で消えることもあります。
治療の回数も半分で済みますので1回ごとの治療効果は高いです。
カラータトゥーが入っていますが取れない色はありますか?
スペクトラピコレーザーは4波長搭載しているので基本的にはタトゥー・刺青・入れ墨除去困難な色はありません。
ピコレーザー治療後、日常生活への影響はありませんか?
ピコレーザー照射後、タトゥー・刺青・入れ墨部位に軟膏を塗布しお帰り頂きます。
特に日常生活への影響もありませんので普段通りの生活が送れます。
タトゥー・刺青・入れ墨の大きさが大きいのでピコレーザーの治療費は高くなりますか?
レーザー治療は回数が重要です。少ない回数で済めば安くなります。
従来のナノ秒レーザーより回数が明らかに少なくなるので結果、治療費は安くなります。
ペアリングレーザー

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

アクセスマップ
GoogleMapで地図を見る

海斗ママの刺青治療日記

海斗ママの刺青治療日記

結婚・転職間近の刺青治療日記

メール相談・カウンセリング予約

0120-190-929

メール相談・カウンセリング予約

PAGE TOP