• ホーム
  • 治療の流れ
  • タトゥー(刺青)について
  • 料金案内
  • ドクター紹介
  • クリニック案内
  • よくある質問
電話する メール相談・カウンセリング予約
  1. ホーム
  2. 切除法

タトゥー(刺青)の切除法

小さなタトゥー(刺青)なら1回の施術で除去可能!

切除法はタトゥー(刺青)部分の皮膚を切り取って除去し、縫合する方法です。
タトゥー(刺青)が彫られている部分の皮膚を切除し、縫い合わせることで完全にタトゥー(刺青)は消せます。
レーザー治療では反応が鈍い色や色素が皮膚の奥深くまで入っているタトゥー(刺青)はレーザーで治療するよりも、手術で除去した場合の方が早く治療できる場合もございます。

比較的細長いもの、狭い範囲の刺青は1回で全て切除しますが、範囲の広いタトゥー(刺青)、幅の太い刺青、皮膚にゆとりがない部位の場合は、数回に分けて切除(分割切除)します。分割切除の場合、治療の間隔は6ヶ月が目安です。

形成外科認定専門医だからできること。

切除法といっても、タトゥー(刺青)を完全に除去するまでの流れは、大きさや、部位によって異なります。切除した後の縫合技術によって、結果が変わってきます。
傷跡をキレイに仕上げるには「真皮縫合」が良いとされていますが、高い技術を持った医師でも正確に行うことが難しい、高度な技術を要する縫合方法です。
当院では、タトゥー(刺青)除去の傷跡を最小限にすべく、真皮縫合を行っています。

①タトゥー(刺青)除去後の皮膚

タトゥー(刺青)をデザインに沿って切除した状態。

②皮膚表面に余裕をもたせて縫合

縫い合わせたあと皮膚表面が引っ張られて傷口が開かないように皮膚表面に余裕をもたせて縫合します。

③皮膚表面も縫合(表皮縫合)

皮膚表面も簡単に縫合(表皮縫合)します。完治後は抜糸をしますので、傷跡は残りません。

縫合直後は、皮膚表面が盛り上がっています。

分割切除「真皮縫合することでキレイに短期間で切除」

当院で行う分割切除は、1回目に切除したタトゥー(刺青)部分の仕上がりがきれいなため、1回目の手術から半年後に2回目の手術で除去することができます。

2回の施術で除去する場合

手術前のタトゥー(刺青)の状態。

1回目の手術後半分がキレイに除去されている状態。

縫合がしっかりできていないと、縫合した皮膚表面が引っ張られてしまい、結果2回で切除できるタトゥー(刺青)が3〜4回の手術が必要になるケースもあります。

複数回、施術が必要になる場合

最近、タトゥー(刺青)を途中まで切除したが、これ以上の切除はできないと担当医に断られたという方のご来院が増えてきました。下の写真では、大きな刺青(タトゥー)を分割切除で行い、真皮縫合ができていないため皮膚表面が引っ張られて傷口が開いてしまっているのが分かります。

切除法における創傷の縫合と縫合糸の材料について

切除法の手術用に使用される糸は縫合糸と呼ばれ、様々な方法で使用されます。当院では、形成外科認定専門医のもと、高度な形成外科的手技を用いて傷跡が出来るだけ目立たなくなるようタトゥー(刺青)除去を行っています。

PDS縫合糸(溶ける糸)

大きな傷を縫合するために太い糸を使用。

PDS縫合糸(溶ける糸)

2本の縫合糸を細かく縫うために使用。

縫合糸

髪の毛くらいの細い糸。皮膚表面はテンションがあまりかからないように縫合。

単切除縫縮術

「単純切除縫縮術」は、タトゥー(刺青)の部位と大きさにより、1回で切除・縫縮ができるかが決まります。
皮膚に伸びのある部位では大きいタトゥー(刺青)でも1回で取り除くことが可能です。

但し、単純切除縫縮術が可能でも、それに伴い機能障害(肩や腕があがりにくい等)が生じる場合は、分割切除縫縮術を行う場合もあります。

刺青の入っている皮膚に印をつけます。
刺青の形によっていかに切除範囲を狭くすることができるか、目立ちにくい傷の向きはどのラインかなど考慮しデザインします。
細かく縫い合わせていくことにより3か月後、白い細い線状に仕上げていくことが可能です。

分割切除術

「分割切除縫縮術」は、皮膚に伸びが少ない部位にあるタトゥー(刺青)を、2~3回に分けて切除、縫縮します。
皮膚の傷が癒えるまで一定期間(4〜6ヶ月)ほど間隔をあけて手術を行います。(部位によっては1年ほど必要な場合もあります)

1回目の手術

まず初回の切除でいかに広範囲の刺青を切除できるかが重要になります。できる限り広範囲切除し、刺青の残りを極力少なくすることが最終的に残る傷痕を大きく変えます。2回目の手術の時に切除範囲を極力少なくする、そうすることにより傷痕を小さくすることが可能になり、なおかつ細い白い線に仕上げることができるのです。

2回目の手術

切除法「術後の経過」

1回目の手術から3回目の手術の術後経過の写真
  1. ①墨一色のタトゥー(刺青)
  2. ②抜糸時の写真 ※抜糸は7日目〜10日目に行います。※少し赤みが残っています。
  3. ③2ヶ月後 ※徐々に赤みが薄くなっていきます。
切除法
メリット
  • 色に関係なく確実に除去できる
  • 早期治療に適している
  • 小さいものであれば、1回の治療で除去できる
デメリット
  • 皮膚が伸びるまでツッパリ感がある
  • レーザーに比べて1回の治療時間がかかる、細い線状の傷跡が残る
  • 抜糸や経過観察など、通院が複数回かかる

切除法の料金について

切除法の料金です。当院では、傷跡が最小限できれに仕上げることができる「真皮縫合」を行っています。高い技術を持った医師でも正確に行うことが難しい、高度な技術を要する縫合方法です。

施術内容 料金 備考
切除縫縮法   40,000円/1cm  

※ヒザ下、ヒジ下、頬は1.5倍
※分割切除は1.5倍

切除法に関するよくある質問

タトゥー(刺青)の「切除法」による治療に関するよくあるご質問をご紹介します。

手の指にあるタトゥー(刺青)は切除法でとれますか。大きさは1.5センチくらいです
基本的に指にあるタトゥー(刺青)は切除不可です。血流障害のリスクや指が曲がりずらくなったりするリスクが大きいからです。
皮膚移植やペアリングレーザー、ピコレーザーがおすすめです。
分割切除になった場合、2回目の切除の手術はいつ受けれますか?
半年以上あけて手術になります。タトゥー(刺青)の大きさやタトゥー(刺青)の入っている部位によっては3回必要になる場合もありますがその場合も半年後になります。
他院で一度タトゥー(刺青)切除法を受けました。2回目の切除を別のクリニックで受けることは可能でしょうか?
もちろん可能です。1度目の切除の仕方によってデザインは変わりますが特に問題なく切除可能となります。
二の腕に半周以上入っているタトゥー(刺青)も切除可能でしょうか。
また可能な場合は何回くらいに分けての切除になりますか?
タトゥー(刺青)の入っている部位が二の腕で半周くらいの大きさであれば切除は不可です。血流障害や、二の腕の変形、傷が開くリスクなど理由はいくつかありますが難しくなります。
自分で入れたいたずら彫りのタトゥー(刺青)を切除したいのですがレーザーと迷っています。早く取りたいです。
自分で入れたタトゥー(刺青)は浅い層までした墨が入っていないのでピコレーザーでも1回でかなり薄くなります。1度の照射で取れる場合もあります。

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

アクセスマップ
GoogleMapで地図を見る

海斗ママの刺青治療日記

海斗ママの刺青治療日記

結婚・転職間近の刺青治療日記

メール相談・カウンセリング予約

0120-190-929

メール相談・カウンセリング予約

PAGE TOP